C.S.T - クレニオ・セイクラル・セラピーについて

C.S.T<クレニオ・セイクラル・セラピー>はアメリカのDr.ジョン・E・アプレジャーが開発した、頭蓋と仙骨の硬膜システムの改善により、脳脊髄液の流れを促進し、中枢神経の働きを活性化する方法です。

頭蓋と仙骨は硬膜によって連絡し、脳の第一次呼吸で動かされています。のみならず脳は体の各細胞と神経繊維によって連絡し、全身をコントロールし、また、各細胞の記憶もまた、脳の記憶に影響を与えています。脳と体の各細胞は病気の原因と直す方法を知っています.それが自然治癒力といわれるものです。この自然治癒力を心と体から効率よく引き出す方法がこのC.S.T<クレニオ・セイクラル・セラピー>です。

適応症

※すべての身体の不調の原因が頭蓋仙骨系にあるとは限りません。不調を訴える人のそれぞれのケースに合わせ、他の医療機関と連携を取っていくことが必要です。施術を受けに来た人に対し「C.S.Tを行う事は無理だ」と感じた場合、一人で背負い込まずに相談して下さい。

  ・新生児、乳児

   神経系の過剰被刺激性,過度に泣く,筋緊張低下,呼吸障害,過度な嘔吐や腸の機能障害など。

  ・小児

   行動と学習における障害:過運動症、異常な恐怖、集中力の欠如など、失語症など。

   その他:脳性麻痺、自閉症など。

  ・成人

   急性の捻挫と挫傷、慢性的疼痛問題、内蔵の機能障害、自律神経系の機能障害、情緒障害、

   側弯症、視覚障害、聴覚障害、脳貧血、TMJの問題など。

禁忌症

  1.急性頭蓋内出血:凝血形成の微細な経過を妨げてしまう。
  2.頭蓋内動脈瘤:漏れや破裂の可能性がある。

  3.頭蓋骨折

  4.延髄ヘルニア