小児CSTについて、講師のOrsi先生のインタビュー記事

今年10月のクレニオセイクラルセラピーの小児セミナーで、講師として来日するOrsi先生のインタビュー記事。

小児はクレニオセイクラルリズムが小さく、また大人とは構造も違うため、学ぶべきことが多いです。しかしセミナーに参加することによって小児施術に対しての心配をなくし、さらには大人の施術をする際にも触診技術が深まり、自信を深めることができます。

尚、Orsi先生は15年間小児障害者の仕事をされていて、この分野でもエキスパートであります。

http://www.upledger.co.uk/blog/gabriel-orsi.html