韓国にて脳脊髄領域のセミナーに参加してきました!

9月28日から10月1日まで、クレニオセイクラルセラピーの米国アプレジャーインスティチュート本部のタッド先生のグリア細胞のセミナー(CTTB1)が韓国ソウルでアジア圏初開催されました。地元韓国はもとより台湾、フィリピン、インド、そして私たち日本から37名が集まりました。

クレニオセイクラルセラピー(CST頭蓋仙骨療法)は主に硬膜の緊張を緩め脳脊髄液を促進するセラピーですが今回はさらに硬膜内の脳と脊髄を構成するグリア細胞とニューロン、そして血管などにダイレクトにアクセスしてその働きを促進するテクニカルな手技の連続で大変素晴らしい内容でした。

アプレジャーインスティチュートジャパンでは、2021年中国での開催の後日本にタッド先生を呼んでCTTBセミナー(グリア細胞)の開催を検討中です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください